Brand Story

2011年、南アフリカ・ケープタウンでPeterson夫妻が立ち上げたバッグブランド

クワズルナタル州で食肉処理される動物の皮や、繊維産業の中で生じるハギレを余すところなく活かしたり、素材や染料も化学品は一切用いず天然素材にこだわる…など、夫妻とチームのこだわりが細部に感じられる商品を生み出しています。

Peterson夫妻がブランドを確立していく過程で多くを学び、その理念に取り入れたというのが、日本経営の中に根付く「改善」の考え方。常に発展していくチームであるために、学び研究し続ける(Research)ことを何よりも大事にしているというその想いが、ブランド名に反映されています。

2019年に発表されたDRIFTER BUCKET BAGは、クワズルナタル州で伝統的に受け継がれてきた絨毯織物を素材として活用したバッグです。一つ一つ、時間をかけて丁寧に織られる絨毯は、どれも間違いなく1点もの。

作り手のペースを大事に、品質に妥協することなく、最高品質のメイド・イン・サウスアフリカを追求し続けるブランドです。

“Proudly from Africa(プラウドリー・フロム・アフリカ)”掲載商品を、実店舗にてお取り扱いいただける先を募集中です。
またブランドによっては、コラボ商品の製作や受託生産(OEM)の受注も可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:[email protected]

Updating…
  • カートに商品がありません。